いつかパリコレに出る

サングラスをかけた女性

多くのでは、美に関する知識や技術を学んでいきます。カリキュラムの内容はモデル専門学校によって様々ですが、1年次にメイクアップやエステティックについて学びます。モデルになるには、容姿が美しいだけでは務まりません。自分の個性を十分に引き出す努力が必要になってくるのです。その為には、ファッションコーディネートに関する知識や、ブランドの特性、自分に似合うメイクの仕方や欠点のカバー方法まで、多くを学んでいく必要があります。1年次で学んだ経験を活かして2年次は集中的のモデルとして活躍できる様に活動していきます。モデル専門学校によっては、モデル事務所と提携していることもあります。本格的にデビューしてメディアで活躍したいのであれば、積極的に自分をアピールしていきましょう。1年に1度のペースで、大手アパレルメーカー関係者やファッション雑誌編集者を集めたオーディションも開催されることがあります。合格者はアパレルメーカーのイメージモデルとしてデビューすることもできますし、読者モデルとして活躍することも可能です。カリキュラムの中で、リアルな撮影現場を体験することもできます。現場で活躍する講師がポージングやメイク、表情のつくり方を指導してくれます。体型維持の為のエクササイズやメンタルのケアも行なってくれます。読者モデルを多く輩出しているモデル専門学校を選べば、業界との繋がりも強いので最短コースでデビューするのも夢ではありません。